インプラントとは | 静岡県のインプラント、審美歯科、矯正の専門歯科医はここで決まり!

静岡県のインプラント、審美歯科、矯正の専門歯科医

 

インプラントとはいったい何か

セラミックなどの人工の歯を被せるのではなく、人工の歯の根っこを作って埋め込む歯のことです

もともと体内に埋め込まれる器具の総称であるという意味のインプラントですが、 歯のインプラントとは根っこを体内に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。

通常の入れ歯と違うところは、他の歯に頼ったり乗せてるだけの状態ではないので、外れたりせず完全に固定されます。生活する上ではしっかり固定されるので、なにより噛む力が 入れ歯に比べると強く、元々の歯と同じように食生活ができるようになります。

金属を埋め込んでも身体に影響はないの?

インプラントで根っこに埋め込む金属はチタンを使用します。元々は1952年スウェーデンのブローネマルク教授がチタンと骨が結合することが発見したこと がきっかけでこれまでの人工の歯とは違う現在のインプラントが考えられるようになりました。通常金属を体内に入れると、それを排除しようと働くのですが、骨とチタンはその構造が似ており骨が一緒に取り込んでしまいます。

つまり、本当の歯の骨のようになってしまうため、体内にも影響なくかつしっかりと固定されることになります。